092-771-0603
HOMEご注文の流れよくある質問払い戻しについてお問い合わせ




国内ツアーランキング

NO1 【羽田発】 沖縄行き
航空会社:スカイマーク
2日間:24,800円〜
NO2 【羽田発】 福岡行き
航空会社:ANA
2日間:27,000円〜
NO3 【羽田発】 札幌行き
航空会社:ANA
2日間:24,000円〜
NO4 【羽田発】 鹿児島行き
航空会社:ANA
2日間:27,000円〜
NO5 【羽田発】 宮崎行き
航空会社:ANA
2日間:27,000円〜
年間300万人が訪れる 旭山動物園の人気の秘密に迫る!

なぜ旭山動物園が日本一人気の動物園なのか?
「地方再生の好例」として多くの人に絶賛され、自治体主導のビジネス成功例として全国の自治体から視察が相次いでいる「旭山動物園」。名実ともに日本一の動物園となった北海道が誇る人気スポットだが、十数年前は、カネも目玉動物もなく、田舎の弱小動物園であり、施設も老朽化し、経営母体の旭川市からの予算もほとんど無かった。
その破綻寸前だった弱小動物園が成し遂げた奇跡の V 字回復の大きな要因は、動物の生き生きとした姿が見られる「行動展示」という独自の手法だった。

「訪れる人をあっと驚かせたい!」「もっと動物たちを見て欲しい」そんな動物を愛する職員たちの小さな工夫と努力の積み重ねが大きな成果を生んだ、そんな奇跡の動物園には、ビジネスや人を喜ばせるためのヒントで溢れている。
なぜ旭山動物園が日本一人気の動物園なのか?イメージ画像



動物たちの見たことない素顔が見れる「行動展示」
ととりの村イメージ画像
ととりの村

旭山動物園が考案した最初の行動展示となったのが、1997年に登場したこの巨大なバードケージ。これまでは鳥が飛び去らないよう羽の一部を切っていたものを、ととりの村ではそれをせず、人間がかごの中に入ることで、鳥が自然の姿で飛び交う生態を観察できるようににした。

ペンギン館

ペンギンが泳ぐ水槽の中に水中トンネルが設営され、水中をすごい速度で飛ぶように泳ぐ、まるで空飛ぶペンギンが頭上をかすめるかのよう。手が届きそうなほど近くにいるペンギンとの触れ合いも楽しい。
ペンギン館イメージ画像

もうじゅう館イメージ画像
もうじゅう館

日中は寝てばかりいるトラやライオンの檻は、真下に空洞の見学スペースを用意して網目から動物の息遣いや普段の生活の様子を観察できる。また、夜行性動物の行動を見てもらおうと、お盆の期間は閉園時間を午後9時まで延長している。

オランウータン館

オラウータンは本来地上30メートル程度の樹上で生活をする。そうしたオラウータンの本能を引き出す為に高さ17メートルの位置に「空中運動場」を設置。綱渡りをしてエサを取りに行く姿が見られる。
オランウータン館イメージ画像

ほっきょくぐま館イメージ画像
ほっきょくぐま館

半球状の透明ドームが敷地内に設けられており、のし歩くホッキョクグマを目の前で見られる。またプールの壁に窓をつけ、泳ぐ様子やプールへのダイビングなど迫力ある行動が観察できる。

あざらし館

壁一面の透明アクリル板越しに水中を泳ぐ姿が見られる他、見物客が囲む筒状のトンネルをあざらしが行き交う姿を360度から見られる。さらに好奇心旺盛なあざらしは人が手を振ると鼻を寄せたりし、園内で一番人気に。
あざらし館イメージ画像


旭山動物園の本当の魅力とは?
旭山動物園の本当の魅力とは?イメージ画像
来園者が急増したのは、この行動展示という手法だけが理由だけではない。

動物達の見所をしらせる手書きのパネルをこまめに用意したり、職員によるお客さんへの動物の説明から感じさせる情熱がお客様の心をしっかり掴み、口コミが広がり、あっという間に全国に知れ渡ったことは言うまでもない。

特に飲食店や小売店などの店舗経営に役立つヒントは、至る所で発見することができるので、可愛い動物を楽しむだけでなく、これからのビジネスにもしっかり役立つ価値のある旅行ツアーとしてとってもオススメ!


今すぐ旭山動物園行きの旅行ツアーを探す
東京 発 福岡 発
   
Copyright(c)2010 TRAVEL WEST
 HOME   会社理念   会社概要   個人情報の取り扱いについて   旅行業約款・条件書   サイトマップ